小平市の変形性腰痛症の方へ訪問マッサージをお届けしております。

ひまわり治療院

0120-630-680

〒187-0044 東京都小平市喜平町3-3-8-14

[ 診療時間 ] 月~土曜 9:00〜18:00 ※時間外応相談 / [ 休診日 ] 日曜

ひまわりの背景画像

小平市の変形性腰痛症の方へ訪問マッサージをお届けしております。

ブログ

2019/01/27 小平市の変形性腰痛症の方へ訪問マッサージをお届けしております。

 

kaigo_kurumaisu_obaasan

 

こんにちは!小平市で訪問マッサージをお届けしております、ひまわり治療院の上野唯尊です。ご相談はお気軽に!0120-630-680

 

小平市の有料老人ホームご入居の方で、変形性腰痛症の診断を受けている方へ訪問マッサージをお届けしております。ホームでは、介助にて車いす移動となっておられます。変形性腰椎症とはなんぞや?とお思いのために、簡単にご説明いたします。

 

変形性腰痛症とは、主に加齢により生じる椎間板や腰椎の変化のことで、ある意味では生理的な現象の一種です。変形性腰痛症が進行すると、腰痛や脚のしびれ、痛み、

排尿障害どの神経症状を呈することがあります。症状としては、腰痛・腰まわりの重さ・だるさや張りなどがあらわれることもありますが、それ以上に脚のしびれや痛みを伴うことが多いようです。

 

脚の症状は坐骨神経の通りみちに沿って出現し、脊柱管の圧迫の部位や程度により、太ももやふくらはぎ、足の裏に及ぶこともあります。ご本人さまは同じお話を毎回繰り返すなどの軽度の認知機能の低下もみられますが、意思疎通は問題ありません。何年も自力での歩行は行えず、また自力歩行はご家族も望んではいないご様子で、長い期間の車いす生活により、下肢のむくみ解消や脚・腰の痛みの解消を望まれて訪問マッサージを依頼されました。

 

施術は下肢を中心におこなっておりますが、脊柱沿いの脊柱起立筋や肩まわりも指圧により、凝りを解消するように努めております。膝関節・足関節に関節拘縮が発生しており、同時に下肢のむくみ症状もみられます。車いすには問題なく乗車できる膝ということで、まっすぐに仰向けに寝る時に膝が伸びない状態の関節拘縮となっており、このことの解消に尽力しております。むりに伸ばそうとすると、痛みを発生する状態の為、徐々に脚を伸ばしてお休みになれるように施術を行っております。夜間に腰や脚の痛みがでることが、訪問を開始してから少なくなったと、ご本人さまより喜びのお声をいただいております。膝関節の可動範囲も少しずつひろがっており、90度付近で固まっていた状態から、135度くらいに広がるようになってきており、180度まではまだまだ遠い道のりですが、ご本人さまへ施術中の痛みがでないように取り組んでまいります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。訪問マッサージをご検討の方はひまわり治療院の上野唯尊まで!ご連絡お待ちしております。0120-630-680

TOP